住まいでトイレの広さは間口が70〜75cm以上で、奥行き120〜125cm以上のスペースが必要

表札やインターホンをきれいにして住まいの印象をアップさせる
表札やインターホンをきれいにして住まいの印象をアップさせる

住まいではトイレの広さが大事になる

住まいで女性が一人で暮らしていくうえでとても大事なことは安全な環境ですが、アパートならセキュリティシステムがしっかりしている所が大事です。そして物件を探していくとき、その周辺居土地勘のある方がいると一緒に探してみもらってみましょう。そして、不動産屋さんはいいことしか言いませんから、あまり信用できないです。そして、その家の良さはトイレを見ると分かるといわれているほど、トイレは家の中でとても大事な場所です。

そしてトイレの広さは立つ、座るといった動作と便器の大きさを考えてみれば間口70〜75cm以上で、奥行き120〜1215cm以上のスペースが最低限必要になってきます。そして手洗いをつけていくときはこれ以上のスペースが必要になってくるでしょう。そして、これに加えて、飾り棚などのスペースがあるとより快適になれるでしょう。そしてトイレだからと逝って狭い空間にならないように、なるべく広いスペースをとって見ることが大事です。そして、トイレの扉を内開きにしてみれば、中で人が倒れたときに、人が邪魔となり扉が開きませんから、扉は外開きが基本となります。そして、さらに高齢の方の介護などのバリアフリーを想定するときは引き戸にしてみることが大事です。

Copyright (C)2018表札やインターホンをきれいにして住まいの印象をアップさせる.All rights reserved.