住まいの価値というものは、買った瞬間に下がることになります。しかし、それでも買う価値はあります。

表札やインターホンをきれいにして住まいの印象をアップさせる
表札やインターホンをきれいにして住まいの印象をアップさせる

住まいの価値というものは

住まいというのは、どうしても買った瞬間に下がるわけです。これは本当に基本的なことになります。つまりは、不動産というのは、購入した瞬間にいくらかの価値が一気に失われるのです。これはよくいわれることであり、別に珍しいわけではないのです。特に新築にはそうした傾向がありますから、基本的には覚悟しておくべきことです。中古であればそれはある程度、避けることができるのですが、それでも注意しておくべきです。ちなみにそうではない国もあります。例えば、アメリカなんかは住まいに物凄く投資の価値を見出しています。ですから、投資のために住宅を買うこともあります。しかし、日本では基本的にそうしたことはありませんから、住むために買うのです。或いは貸すために買う、ということになります。

ですから、普通は自分の住むために買うべきであり、これがとても重要な考えです。つまりは、そこに住むことにメリットがあるからこそ、住まいを買うのです。それが基本的なことであるといえます。住宅というのは、戸建て、マンションなど色々とありますから、出来るだけ、収入に見合ったところを選ぶことです。低ければ低いほど良いです。生活が楽になるからです。

おすすめ情報

  • タイヤについてはここが人気のようです。

Copyright (C)2018表札やインターホンをきれいにして住まいの印象をアップさせる.All rights reserved.